大体把握してるんだけど、すぐ忘れるのでメモ。

リコール機種

Macbookは本当にリコールが多い。例えばGpuの不具合によるカーネルパニックや、バタフライキーボードの不具合など。

中古市場では販売の際に一々告知しないので注意する必要がある。

●GPUの問題に対するプログラム

• MacBook Pro (15-inch Early 2011)

• MacBook Pro (15-inch, Late 2011)

• MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2012)

• MacBook Pro (17-inch Early 2011)

• MacBook Pro (17-inch Late 2011)

• MacBook Pro (Retina, 15 inch, Early 2013)

●カーネルパニック

MacBook Pro (15-inch, Mid 2010)

●キーボードの不具合

• MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)

• MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)

• MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)

• MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)

• MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)

• MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)

• MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)

• MacBook Pro (13-inch, 2019, Two Thunderbolt 3 ports)

• MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)

• MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)

• MacBook Pro (15-­inch, 2016)

• MacBook Pro (15-­inch, 2017)

• MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)

• MacBook Pro (15-­inch, 2018)

• MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 Ports)

• MacBook Pro (15-­inch, 2019)

https://support.apple.com/ja-jp/keyboard-service-program-for-mac-notebooks

搭載可能最大メモリ

公式HPにもまとめられているが、CPUの型番を調べてインテルのサイトでシステム仕様を確認した方が早い。

ただ、搭載されているCPUの型番を記載している(第何世代のcoreCPUでモデル名はなにか?等)ところは少ないので、ネットで調べる必要がある。

増設可能か否か?

ある時期からオンボードにメモリが直付(半田)されているので注意が必要。