完全に我が家の過失なのですが、まさかこんな目に遭うとは。。タイトルの通りですが、水道の蛇口を閉め忘れてて旅行に行ってしまい、今回の請求は18,737円になりました(いつもの2.3倍!)

旅行から帰ってきた時の(蛇口から水ドバー)の恐怖感はまさにトラウマものです。

水道料金の計算方法

まず、水道料金は以下の定義で決まります。

・支払いサイクルは2ヶ月
・基本料金+上下水道使用量の2ヶ月分の合算が支払い総額となる
・事業用と家庭用で料金体系が異なる
・地域によって価格が異なる
・使用量(レンジ)に応じてリットル単価が異なる

使用量に関しては、基本的には従量課金制なのですが、あまり使わないとリットル単価が緩和措置で安く、多く使う場合はリットル単価が高くなる仕組みのようです。

*東京都の水道料金
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/tetsuduki/ryokin/keisan_23.html

*神奈川県の水道料金
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/r4a/suidouryoukin/kaziyou.html

自己責任の場合は緩和措置は無し

自身や身内(お子さんなど)の過失の場合は基本的に全額の支払いが必要との事。そりゃそうですよね。

たまに学校の先生方が、プールの元栓を閉め忘れて数百万請求。。。見たいなニュースがありますが、こちらも似たような自身の過失の代表例です。

我が家は丸3日間出しっ放しで2万ぐらいだったのですが(全開ではなくチョロチョロと全開の間ぐらい)蛇口の広さと放出量にもよるので、お風呂場やシンクの蛇口全開!!見たいなケースは5万も6万も請求。と言う事は良くあるようです。

長期不在にする時は元栓を閉めてもいいかも

今回の教訓

・出かける時は必ず目視チェック!
・レバータイプの蛇口は回りに何も置かないこと。
・下げ止め式のレバーになっていない方は交換しておくと良い。

長期不在の間は元栓を閉めてもいいかもしれませんが、ちょっと面倒そうですよね。

また、余談になりますが、水洗トイレのタンクにペットボトルを入れる節約法を未だにやっている人がいますが(我が家の実家とか。。)タンク内の浮きが接触して、水が止まらない事象が起こり、水道代高額請求みたいな話しも良く聞くので絶対に辞めましょう。

※地震とかでペットボトルが倒れてしまったらアウトなやつです。

またもやアナリティクスと関係ない投稿になりましたが、皆さま是非お気をつけください。