基本的には以下の場所にまとまっているが、一般的によく発生するであろう費目をまとめておきます。これらはすべて医療費控除の対象です。

国税庁-医療費控除の対象となる医療費

医療費控除の対象となるもの

  • 風邪や各種病気の診察代・お薬代(ビタミン剤等は対象外です)
  • 歯の治療代(インプラント・矯正も対象です)
  • 不妊治療
  • 鍼灸・整体など(リラクゼーション目的のものは対象外です)

歯の治療で対象となるもの/対象にならないもの

こちらは国税庁のページでまとめられています。基本的に過剰なもの=美化を目的としたものは医療費控除として認められていないようです。

(1) 歯の治療については、保険のきかないいわゆる自由診療によるものや、高価な材料を使用する場合などがあり治療代がかなり高額になることがあります。このような場合、一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは医療費控除の対象になりません。現在、金やポーセレンは歯の治療材料として一般的に使用されているといえますから、これらを使った治療の対価は、医療費控除の対象になります。
(2) 発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。しかし、同じ歯列矯正でも、容ぼうを美化するための費用は、医療費控除の対象になりません。
(3) 治療のための通院費も医療費控除の対象になります。小さいお子さんの通院に付添が必要なときなどは、付添人の交通費も通院費に含まれます。通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに金額も記録しておくようにしてください。通院費として認められるのは、交通機関などを利用したときの人的役務の提供の対価として支出されるものをいい、したがって、自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等といったものは、医療費控除の対象になりません。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1128.htm

花粉症のお薬

こちらも治療薬(アレグラ・サイザルや目薬など)は医療控除の対象です。一方でマスクやティッシュは対象外です。