ヤフオクで中古のMacBookPro(15-inch, Mid 2010)を購入したのですが、どうやらこの個体はかつてGPUの不具合でリコール対象になっていたらしい。。。完全に調査不足でしたが3万円を切る価格で落札できたのでまぁ良しとします。

具体的な症状について

前提条件として、MacBookPro(15-inch, Mid 2010)には下記の2つのGPUが搭載されている。

・CPU内蔵GPU: Intel HD Graphics 288MB
・外部GPU: NVIDIA GeForce GT 330M 512 MB

これらのGPUは通常MacOS側で最適化され、高い描画を必要とする場合などに自動的にGeForce側へ切り替えを行っているのだが、どうやらこの切替のタイミングで挙動が怪しくなり、GPU Panicを起こしてしまっているようだ↓↓

MacBook Pro (15-inch, Mid 2010) が勝手に落ちて再起動を繰り返す不具合について

対応方法① : NVIDIA GeForceの利用を常時停止する。

対応方法の1つとして、NVIDIA GeForceの利用を常時停止して、内蔵GPUを常時使用にする方法がある(せっかくGeForce装備しているのに使わない選択を選ばなければならない悲しい方法。Appleマジファッ○ですよ!!)

この設定を有効にするには公式の設定ではなく、外部アプリケーション gfxCardStatus を使用し、メニューバーに現れたシステム設定アイコンから、Integrated Only=内蔵GPUを常に使用する。を有効にする方法が一般的である。

MacBook Pro (15-inch, Mid 2010) が勝手に落ちて再起動を繰り返す不具合について

確認の為に、メニューバーのリンゴマークから「このMacについて」を選択すると、下記のように初期状態ではGPUが2つ表示されていたものが、Intel HD Graphics 288MBのみになっていることが確認できる。私の場合は今のところ、この方法でクラッシュはせずに問題なく稼働している。

MacBook Pro (15-inch, Mid 2010) が勝手に落ちて再起動を繰り返す不具合について

対応方法②: ロジックボードのコンデンサを交換する

方法①では根本的な解決になっていないので、ロジックボード上にあるコンデンサを変えることで、GPU Panicから抜け出せるとのこと。どうやらAppleのリコール期間中はこれらの部品交換、もしくはロジックボードごと無償交換を行っていたようです。

修理方法は下記の動画が分かりやすいので参考にしてください。※要ハンダ付け!!

また、コンデンサは毎度おなじみ秋葉原の電気商店で購入できますが、遠方の方は以下からでも手に入ります。

秋月電子: チップ積層セラミックコンデンサー 330μF4V X5R 3225

ヒートガンってみんな普通に持ってるのかな(笑)、ちょっと面倒くさそうですが、作業自体は簡単そうですね。暇を見つけてやってみます。

おわりに

中古の古いMacはストレージをSSDに換装したり、メモリを最高グレードまで引き上げることによって、まだまだ現役選手に生まれ変わるのですが、型番によって(特に2010〜2013年のもののに多い)ロジックボードの不具合が報告されているものが多数あり、前所有者がリコール期間に修理を出してくれていれば良いのですが、オークションなどの購入ですと、そもそも1オーナーでない可能性もあったりと「まともに動くMac」なのか全く判別ができません。

自分で分解もハンダゴテでもしてやるぜー!という私みたいなオタクは特に問題ないのですが、そうでない方は中古Macの購入にはくれぐれもご注意を。