出し入れ先が案件によって複数あるのでメモしておく。なお、awsはよく使うけどbigqueryは詳しくないので割愛させて頂きます。

ローカルファイルをtreasureへアップロード

数年前まではwebコンソールから100MB程度のデータはアップロードできた記憶だが(少なっ!!)ひっそりとクローズしたっぽい、そもそもここ数年はコンソールTOPからは遷移先すらなかったから廃止予定だったのだろうと思われる。

↓↓コンソールへリダイレクトされ機能していない
https://console.treasuredata.com/import/file

なので少量ファイルでもtdコマンドを使ってimportをする必要がある。これは過去記事にまとめたので見てみてください。

もしかしたらetlツールをodbc接続してcreate tableすれば出来るのかも。めんどくさいので機会があれば試します。

s3ファイルをtreasureへimport

TDのデータコネクタを使う方法

いわゆるGUIでポチポチするやつ。
https://tddocs.atlassian.net/wiki/spaces/PD/pages/5112496/Amazon+S3+Export+Integration

TDコマンドを使う方法

Amazon S3からArm Treasure Dataにデータを直接インポートする方法です。実行にはtoolbeltの事前インストールが必要です。
https://tddocs.atlassian.net/wiki/spaces/PD/pages/1082068/Legacy+Bulk+Import+for+AWS+S3#Downloads

treasureのファイルをs3にimport

TDのデータコネクタを使う方法

https://tddocs.atlassian.net/wiki/spaces/PD/pages/1082523/Amazon+S3+Import+Integration

ちなみにやったことないけどRedShiftにも直接importできるらしい。

TDコマンドを使う方法

td table:export コマンドでS3にExportできる。実行にはtoolbeltの事前インストールが必要です。
https://tddocs.atlassian.net/wiki/spaces/PD/pages/1083733/Using+Bulk+Export+to+Amazon+S3+Bucket